読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

梁石日「子宮の中の子守唄」

イメージ 1

心してかかって下さい。この本は、それほどに過酷な本です。

なんの苦労も知らず、ぬくぬくと育ってきた甘ちゃんのぼくには、まるで地獄をみているような恐ろし

いくらいの修羅場でした。

生きるという事が、こんなにも苦悩に満ちた喘ぎのくり返しだとは思いませんでした。

こういう人生が、本当にあるということにまず驚きます。

なんの変哲もない、平凡な毎日をおくっている自分が有難いものなのか、恥ずべきものなのかよくわか

らなくなってしまいました。

ただ、がむしゃらに女と金を求め、本能のまま行動する獣たち。

あらゆる汚物を呑み込んで、ドロドロに混ざり合った掃溜めの中での生活。

水商売のもつ表の華やかさと、裏にある孤独とやるせなさ。

全部ひっくるめて、あらためて思う。

どうして、そうまでなるのかと。

何か近寄りがたい恐怖が、そこにあるように思いました。

落ちるところまで落ちれば、どんなプライドの高い人間でも生にしがみつき、死ぬことは出来ません。

人間とは、愚かですが強い生き物だと思いました。