読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2005-12-03から1日間の記事一覧

古本屋の誘惑。

ぼくは、基本的に本は所有してないと気が済みません。物欲が強いのかな(笑)。 結婚してからは、さすがに本を買うことに慎重になって、めったやたらと買うことはなくなりましたが、 独身時代は、月に2~3万は本を買っていました。 そうやって、溜め込んだ…

燃えるキリスト

星のきれいな夜。 ぼくは、誰か男の人と一緒に歩いている。 天の川が、のしかかるようにして空に横たわっている。 ほんとうに、きれいだ。 やがて、ぼくたちはオレンジ色の街灯に浮かび上がった水道局までやってくる。 すると、水道局の裏にある小さな山の向…

デボラ・モガー「チューリップ熱」

みなさん、ご存知ですか? 十七世紀初頭のオランダで、愛好家や栽培業者のあいだで取引されていたチューリップが異常な社会現象 を引き起こし市民をも巻き込んで、投機の対象となった事実を。珍しい球根一個が邸宅一件分にも相当す ることがあったなんて信じ…

貫井徳郎「追憶のかけら」

この人、気になってるんですが、まだ把握してません。今現在この一冊しか読んでおりません。 もっと代表的な作品もあるのに、評価も定まった本もあるのに、あえて本書を最初の貫井本として選んだ のは別にこれといった理由もないんですが、なんとなく気にな…