読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

鈴木喜代春・著 山口晴温・絵「十三湖のばば」

イメージ 1

 最近、「ザ・インタビューズ」が流行っているのをみなさんご存知だろうか?ぼくはまだ登録してない

のだが、ここに登録すると登録している人にいろんなインタビュー(質問)ができるのである。もちろん

自分もインタビューを受けることもある。いろんなジャンルの人が登録していて結構おもしろそうなのだ

が、時間をとられそうなので、いまのところぼくは傍観の立場なのである。ツイッターをしていると、フ

ォローしている人が何人かここに登録していて、いろんな質問に答えておられるのを楽しんでみているの

だが、そこで杉江松恋氏が『トラウマになった本』を教えて欲しいという質問にこたえて挙げていたのが

本書「十三湖のばば」なのだ。
 
 本書は児童書なのである。有名な本みたいだが、ぼくはまったく知らなかった。どうしてこれが『トラ

ウマ本』になるのかというと、津軽地方の貧困な寒村に生きる一家の辛く悲しい人生が描かれているから

なのだ。
 
 津軽半島日本海側にある十三湖岩木川山田川が流れ込むこの大きな湖のほとりにばばは住んでい

る。八十をこえたこのばばのもとを著者が訪れ、彼女の昔語りを聞いていくというのが本書の構成。
 
 十三湖のほとりでばばは百姓の夫と共に小作人として田を作っている。ここの田は『腰切り田』といっ

て、暗渠排水の整備されていなかった大正の時代は、腰まで浸かって田植え仕事をしなければいけない過

酷なものだった。そこでばばは男女十一人の子をもうけた。しかし、その中で生き残ったのはたった三人

だけだったのだ。
 
 序章と終章を除く七章すべてが、様々な事故や災害や戦争により命を落としてゆく子どもたちの話なの

である。大正から昭和にかけて、今の時代からは想像もできない凄まじい人生を歩む一家のあまりにも辛

い日々。ばばはその逆境に負けることなく力強く生きてゆく。しかしそこに強いメッセージはない。ばば

は生き残ったから生きているだけだ。運命に弄ばれた人がただ生き残ったという事実があるだけだ。ぼく

は七章のラスト一行に衝撃を受けた。そこに救いがなかったからだ。でも、本書を読み終わって暗い気分

になることはなかった。なぜなら、辛い人生を生き抜いたばばの達観が伝わるようなほのかに明るい終章

がまっているからだ。

 本書のことを教えて下さった、杉江松恋さん感謝いたします。ほんとうに読めてよかったです。