読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2011年4月10日、日曜、桜の下、ぼんぼん、幕末の志士

今日は昼前くらいに、ぼんぼんと一緒に選挙に行ってきました。

あたたかくて、とても気持ちのいい日曜のひととき。二人で手を繋いで選挙に行ったあと、そのまま川べ

りに降りていって、ちょっとした散歩を楽しみました。

折りしも桜が満開で、お昼時と重なったこともあり、其処此処でシートを広げて花見をしながらお弁当を

食べている人たちが沢山いました。

では、桜の木々をバックに目を瞑ってポーズをとるぼんぼんの写真を一枚。

        
   イメージ 1


この川では十石船、三十石船というのが運行されていて、いまの時期は観光客が大勢利用しているのです

が、ぼくたちはまだ乗船したことはありません。正直、何がおもしろいのかよくわかりません^^。

この川べりをもう少し行くと、竜馬で有名な『寺田屋』があります。一度入ったことがあるのですが(入

館料は確か大人400円だったんじゃないかな?)志士たちの残した刀痕や銃痕などが柱や鴨居などに残

っていたり、お竜が入浴していた風呂があったりするのですが、ここの寺田屋は本当は鳥羽伏見の戦の時

に焼失していて、いまの建物は再建されたものだということなので、それらの痕も本物かどうかはわかり

ません。またここにはあの有名なフルベッキ写真が飾られていて、これを最初に見たときはたいそう興奮

したものでした。

                          フルベッキ写真
                イメージ 2

これはいまでは偽物だといわれているようですが、当時のぼくはそんなこと知らなかったので、この幕末

の有名人物が一堂に会した写真をみて素直に興奮したものでした。だって勝海舟伊藤博文西郷隆盛


岡慎太郎江藤新平後藤象二郎大村益次郎、などなどのオールスターメンバーが全員写ってるという

のですから、驚きもひとしおです。まあ、偽物だとしても夢のある写真であることは間違いないですね。

というわけで、本日の最後の写真。

三十石船をバックにポージングするぼんぼんです。


                イメージ 3


では、これにて失礼。