読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

結城充考 「プラ・バロック」

イメージ 1

物語の始まりは秀逸なのだ。京浜工業地帯を舞台に、部屋中を血に染める凄惨な首切り殺人と冷凍コンテ

ナから発見される十四体の凍った死体。これだけでがっちり心をつかまれてしまう。だが、話はそこから

少しづつ失速していく。仮想空間に遊ぶ正体不明の人物たち、自殺サイトの存在、何かに向かって死を請

う人々、所轄のまとまりのない臨時捜査班、そして不鮮明な主人公クロハ。舞台装置はなかなか健闘して

いるが、物語がそれに追いついてない感じ。十分おもしろく読ませるのだが、どこか不明瞭な夢をみてい

るような浮遊感がただよっている。一応すべての辻褄は合うし、ばらまかれた伏線や謎はすべて回収され

ているのだが、そこにため息の出るような満足感はない。登場人物の出し入れがあまりにも稚拙な印象を

与えるのも一因か?それに被せて彼らの動きと結末も不発気味。究極のカタルシスである犯人の決着の付

け方からして、どうしてそんな処理の仕方なんだ?と素人のぼくでも頭を傾げてしまったほどだ。これが

どうして賞を獲ったのかがわからない。こうなってくると、選考委員の作家たちがノータリンに見えてく

る。よくあれだけ絶賛できたなと思うのだ。何度もいうが、読ませる筆力はある人だと思う。だが、本作

に関してはどうしても評価は低くなってしまう。

でも、次の作品ではもっと素晴らしいのをドドーンと届けてくれるかもしれないという期待はある。

ちょっと、注目していようか。←何様だよ!