読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

東郷隆「人造記」

イメージ 1

この人の本は初めて読むのだが、いっぺんで気に入ってしまった。

収録されているのは以下の5作品。

 「水阿弥陀仏

 「上海魚水石」

 「放屁権介」

 「蟻通し」

 「人造記」

それぞれ時代はバラバラだ。「水阿弥陀仏」は室町時代が舞台。かの果心居士を彷彿とさせる幻術遣いが

登場する。この水阿(すいあ)という怪人物、名のとおり水に纏わる外法を遣い、世にも不思議な世界を

現出する。まあ、つかみはOKといったところ。たちまち物語に引き込まれてしまう。

次の「上海魚水石」は昭和の初めの頃のお話。これはいったいどういう展開になるんだと先を知りたくな

る類の話。不思議な石の話なのだが、これには元ネタがあるのだろうか?作者の創作なら、なんともスゴ

イ話を考える人だなと感心してしまう。

「放屁権介」は、幕末が舞台。江戸の昔に語り継がれる伝説の芸『曲屁』を操る男権介が主人公だ。まる

でばかばかしい設定だが、これがおもしろい。この屁をする芸人と新撰組が絡んでくるのである。桂小五

郎とその女幾松も登場して、なかなか胸のすく物語に仕上がっている。

胸のすくといえば、次の「蟻通し」も痛快な話だった。こちらは明治末のお話。あの南方熊楠が主人公で

ある。この時代、不勉強ながらぼくは知らなかったのだが「神社合祀令」というものが布告された。この

俗に「神狩り令」といわれる奇妙な訓令は、「一町村に一社を標準とする」を旨に、神社の掃討を徹底し

たのである。神社が一つ廃社されれば、土地と神木は民間に払い下げとなる。ここに地方役人は旨味を見

出した。躍起になって、神社を廃社しようとする役人相手に民俗学の巨人熊楠は、奇妙な術を遣う男と一

緒に意趣返しをたくらむ。

ラストの表題作は、あの西行法師が反魂術(死者を甦らす法)を遣う顛末が語られる。これは和製フラン

ケンシュタインの物語である。描かれることは充分ホラーなのだが、読後感じる印象はとても儚く物悲し

い。なんとも奇妙な物語だ。

というわけで、全5編心の底から堪能した。この作者の本はもっと読んでいきたいと思う。