読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

日向蓬「サポートさん」

イメージ 1

「女による女のためのR‐18文学賞」というのは、女性が書く官能小説のことだと思い、あまり気にもとめ

ていなかったのだが、本書の日向蓬にしろ豊島ミホにしろ宮木あや子にしろ、一般作品にも進出してきて

結構目が離せない作家をいろいろ輩出してきたなと思うのである。特に豊島ミホの活躍は目を見張るもの

があると思うが、どうだろうか。この人はそのうち直木賞なんかとっちゃうんじゃないかと思ったりもす

るのである。で、本書の日向蓬なのだが、この人は以前に読んだ


というアンソロジーに収録されていた「涙の匂い」という作品を読んで、いたく感心したのが出会いだっ

た。この作品は東北の寒村に引っ越してきた女子中学生が青春の苦味を噛みしめ日々を送る姿を描いて秀

逸だった。だが、それだけに留まらず普通なら描かれることのない『その後』の話があったというのが一

番のサプライズ。これはとても良かった。

そこで本書なのだが、本書には8編の短編が収録されている。収録作は以下のとおり。

 「サポートさん」

 「みんなの後輩」

 「同じ穴」

 「一途な女」

 「ワタルくん」

 「総領の甚六」

 「紳士協定」

 「オブラート」

結論からいえば、本書の感想は少し物足りないものとなった。ただ、最初の2編はラストが少しヒネって

あって、いってみればミステリ的なサプライズが用意されていたのがめっけもん。あとの作品は、微妙。

悪くはないのだが、少しインパクトに欠ける。だが、人間観察に基づく確かなキャラクター造形や、心模

様の微細な綾はそれぞれ感じられ、安定した書き手としての存在感があった。だから、この人はこれから

も読んでいきたいと思っている。次はデビュー作の「マゼンタ100」でも、読んでみよう。