読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ダン・ブラウン「天使と悪魔」、「ダ・ヴィンチ・コード」

イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4



「天使と悪魔」の映画がこんど公開されるということで、それならばと、このラングドン教授のシリーズ

も紹介しておこうかなと思った次第。このシリーズのことを知ったのは、おそらくみなさんと同じ200

4年の春の頃だった。このとき鳴り物入りで出版されたのが、ラングドン教授シリーズの第二弾「ダ・ヴ

ィンチ・コード」だった。その前年に刊行された「天使と悪魔」は存在は知っていたが、初紹介の作家と

いうこともあり、タイトルやチラっと読んだ内容紹介からどうせたいしたことない作品なんだろうと勝手

にイロモノ扱いしていたのである。

だが、「ダ・ヴィンチ・コード」の紹介はいやが上にも期待を煽られた。だからすぐさま買って読んでみ

たのだが、これがめっぽうおもしろい。確かに、物語に深みがなく薄っぺらい印象を受けるし、登場する

キャラクターがみな典型的なタイプ割りで処理されており、抜きん出た魅力に乏しいという難点はあるの

だが、なんといってもクイクイ読ませるページターナーぶりは只事ではなく、アッという間に読了してし

まったのだ。

聖杯、テンプル騎士団、キリストの謎と魅惑的なキーワードがどんどん出てきて、定説をことごとく覆し

てゆく快感はたまらなかった。西洋の絵画、建築に秘められた象徴の意味、現在使われている言葉の思い

もよらぬ語源、なんでもない習慣の由来。歴史が積み重ねてきた暗部にダン・ブラウンは驚くべき照明を

あてるのである。この本を読んでいると、本当にどこまでがフィクションなんだと思ってしまうほどその

筆勢は信憑性を高めているのだ。実際、この本に出てくる芸術作品、建築物、文書、秘密儀式は事実であ

り、物語の要である『シオン修道会』や『オプス・デイ』も実在するというのだから驚いてしまう。だか

ら本書を読んだ当時は、このダン・ブラウンという人が第二のラシュディみたいになってしまったらどう

しようかと思ったくらいなのだ。

冗談はさておき、これで味を占めたぼくはすぐさま前作である「天使と悪魔」を読んだ。そして、これが

またすこぶるおもしろかったのだ。謎の質は「ダ・ヴィンチ・コード」のほうが上だったが、物語の質は

こちらの方が上だなと思った。相変わらずのページターナーぶりで、この人の特徴である短い章割りでス

ルスル読めてしまうのである。ここで描かれるのは宗教と科学の確執だ。片やカトリックの総本山である

ヴァチカン市国、対するは古来より連綿と生き続ける秘密組織イルミナティ。これぞまさしく手に汗握る

展開、読んでいる間は血が沸騰するんじゃないかってくらい興奮した。

また、この本を読んで堪能したのが舞台となるローマ市内やヴァチカン市国の描写である。死ぬまでに一

度でいいから訪れたいと思った。

だが、褒めてばかりもいられない。二冊続けてこのシリーズを読んで、どちらも物語の構成や登場人物の

特徴などに類似点が散見され、そういった意味ではちょっと興を削がれるかなと思うのである。

それでも、やはりこのシリーズはおもしろかった。第三作を執筆中だということだったので楽しみにして

いたのだが、もう5年もたつのになんの音沙汰もないってことは、まだ書き上げてないのかな?

amazonで検索してみたら「Solomon Key 」ってのが2018年に刊行予定となっていたが、これの

ことだろうか?