読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

皆川博子「聖餐城」

イメージ 1

 1600年当時、いまのドイツは、オーストリアチェコ、イタリア北部らの国家連合として機能する神聖ローマ帝国として世に知れていた。そこで起こった三十年戦争は、プロテスタントカトリック宗教戦争に端を発し、やがて大きな国際戦争にまで発展することになる。本書はその三十年戦争をさまざまな視点から語った皆川戦記物なのである。

 だがはっきり言ってしまうが、本書は皆川作品としては些か不満の残る出来なのだ。長大な物語でもあり、連載作品だったということを考慮にいれても少し見劣りする。プロットに緊張感がないし、史実をなぞることによって物語の起伏が著しく阻害されている。第一タイトルである「聖餐城」がまったく生きていないのだ。物語のはじめのほうでこの「聖餐城」に関する話が出てくるが、それっきりで最後まで発展しなかった。ゆえに、本書を皆川作品の端緒として紐解く方がおられたら、そんなことしちゃダメだとぼくは声を大にして警告してしまうだろう。

 とまあ一般論としての感想はこれくらいにして、皆川ラブリーのぼくとしては以上のことはまるっきり目を瞑ってしまう。この長大で読み応え抜群の大作を読めてとても幸せなのだ。物語に起伏がなくてもいい。彼女の描くドイツ三十年戦争に身を浸せただけで幸せなのである。

 馬の胎から生まれたアディと錬金術によって生をうけたといわれるホムンクルスのイシュア。この二人の青年を中心にして展開される重厚で骨太の物語は、まるで見てきたかのように描かれる激烈で血腥い戦闘と共にぼくの心に深く食い込んでくる。傭兵という職業軍人を主戦力として戦う奇妙な戦争。昨日の敵が今日の味方になる自由な傭兵稼業。根深いユダヤ人迫害意識と残虐な精神。読了してからもすべての場面が思い浮かべるほどである。これで、三十年戦争というあまりメジャーでない歴史の事実を克明に知ることができた。これぞ読書の醍醐味である。願わくば、もっとゴシックテイストあふれるタイトル通りの幻想味も加味した作品であったら、なお良かったかなと思う。そうすれば、本書は他の追随を許さない傑作になりえたであろうと思うのである。