読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

皆川博子「鳥少年」

イメージ 1

本短編集には十三の短編が収録されている。タイトルは以下の通り。

 「火焔樹の下で」

 「卵」

 「血浴み」

 「指」
 
 「黒蝶」

 「密室遊戯」

 「坩堝」

 「サイレント・ナイト」

 「魔女」

 「緑金譜」

 「滝姫」

 「ゆびきり」

 「鳥少年」

相も変わらず、捩れてクールな不思議と無臭感の漂う素敵な短編集である。なかでも「血浴み」は記憶に

残る作品だ。タイトルから連想して単純に血腥い話なのかと思っていたら、これがなんとも泥臭いムンム

ンと淫らな話で、ラストにいたってタイトルの意味がわかるのだが、なかなか衝撃的な話なのである。

あと巻頭の「火焔樹の下で」も、書簡によってすすめられるミステリで、精神病院が舞台となっているの

は定番としても、それをこういう風に捩れさせるところがさすが皆川博子である。「密室遊戯」「坩堝」

「魔女」「滝姫」の四作はみなホラー風味のミステリで、なかでもラストにおいて世界が反転するかのよ

うな驚きをあたえてくれる「滝姫」が秀逸だった。表題作であるラストの「鳥少年」は、どうやったらこ

んな奇妙な話を思いつくんだと感心してしまう作品だった。主人公の淫蕩の気のある女性が素敵。いま読

んでる「ディスコ探偵水曜日」に登場する室井勺子と微妙にリンクしちゃって、大変だった。

というわけでやはり皆川短編は素晴らしいのである。本書を読めてぼくはとってもシアワセなのである。

いったいどんな世界が広がっていくのだろう?という期待をまったく裏切られたことがないから素晴らし

いのである。