読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

夢枕獏「遥かなる巨神」

イメージ 1

夢枕獏の二冊目の短編集が本書「遥かなる巨神」である。この頃の獏さんは、デビュー間もないこともあ

って意欲的にいろんな作品を書いていたみたいで、この短編集に収められている9編の作品もそれぞれ趣

向を変えた作品となっている。収録作は以下のとおり。

 ・「木犀のひと」

 ・「どむ伝」
 
 ・「魔性」

 ・「わらし」

 ・「蒼い旅籠で」

 ・「消えた男」

 ・「山を生んだ男」

 ・「千日手

 ・「遥かなる巨神」

この中で印象深いのは、やはり表題作にもなっている「遥かなる巨神」である。永遠に歩き続ける完璧な

運動体である巨人。全身が真っ白で、ひたと地平に見据えられた目はあるが、口は一文字に結ばれて無表

情。八年に一度やってくるこの巨人を人々は神とあがめ、処女の生贄を差しだす。このイメージは強烈で

この本を読んだのはもう二十年以上も前だが、鮮烈に記憶に残っている。詳細は忘れていても、この巨人

のイメージだけは永遠に残り続けるだろうとおもわれる。それほどインパクトの強いものだった。

他の作品についてもそうだ。「木犀のひと」なんてそれほどいい作品だとも思わないが、イメージだけは

強く残っている。「どむ伝」は読んだとき、なんていやらしくおぞましい作品なんだと思った。腐った水

の匂いと、そこに蠢く得体の知れないもののイメージが強烈だ。「魔性」も詩という形式ながら、印象深

い。これを読んで『秘密っぽい少女のスカートの奥』が気になって仕方なかった。「わらし」はホント短

作品ながら『ホラー版日本昔話』として非常によく出来た作品で、結構好きである。「蒼い旅籠で」は当

時のぼくには少々難しかった。わけがわからなくても、なんか凄いとおもった。これはもう少しで傑作に

なりえた作品である。「消えた男」も夢枕獏にしか書けない作品だと思う。もう少しニューロティックな

方面に力をいれていたら、この分野での傑作をものにしてしていたんだろうなぁ。

あとの二編は、それほど印象に残っていない。

とにもかくにも、この短編集の「遥かなる巨神」のイメージはすごい。

たぶん、死ぬまで残るんだろうなぁ。