読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

三雲岳斗「聖遺の天使」

                   イメージ 1

この人ラノベから出てきた人だけど、本物だね。初めて読んだ本書で確信した。だって、15世紀のイタ

リアを舞台に、これだけしっかりしたミステリ書いてんだもん、こりゃ本物だわ。まして探偵役は、あの

ダ・ヴィンチときたもんだ。う~ん、素晴らしいぞ。

そして驚くことに、本書はしっかり本格ミステリになっている。それも『館』物。で、真相はどうだった

かというと、この館トリックはあの島田御大の「斜め屋敷の犯罪」並のインパクトがあった。

壮大で、大胆で、館の構造が活かされていて、ミスリードについてはちょっと弱い部分もあったけどこれ

だったら合格でしょ。その他の謎についてもほぼイケてると思ったし、これはなかなかいいんでないの?

ただ欲をいうなら、推理の過程が少し弱いかな。天才ダ・ヴィンチは、はやい段階から謎を解いてしまっ

ているのだが、伏線が弱いものだから読者としては正味のおいてけぼりに感じてしまうのだ。ここらへん

はもう少し含みをもたせて再読して確認させるくらいの伏線を張ってもらいたかった。

また、ダ・ヴィンチが神々しいばかりの美しい青年だという設定もちょっと違和感があった。これなら

あの「グノーシスの薔薇」にでてくる、ダ・ヴィンチの方がまだ信憑性があるようにおもってしまった^^。

ともあれ、そういった瑕疵もあるのだが全体的には満足したミステリだった。この人は本格マインドをし

っかり身につけた作家だと思われる。他にもいろいろ書いてるようだし、これは読まねばなるまいて。