読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

霞流一「スティームタイガーの死走」

イメージ 1

みなさん、この作品読んでます?霞流一ってはじめてなのだが、こういう感じなの?

結構おもしろいじゃないの。この本最後まで読んで「ああ、そうだったのか!」っていうサプライズが

あるのだが、これで救われてるね。だって、密室殺人の謎にしても、ズル剥けの『アカムケ様』の死体

の謎にしても、列車消失の謎にしてもあまり感心しなかったもの。

それでもおもしろかった。話自体がなかなか読ませる。ノンストップ本格推理という宣伝文句もあなが

ち的外れではないと感じた。

おもしろいのは、本書の時間進行と読書の時間とが微妙にリンクしていること。章の冒頭に経過時間が

記されているのだが、それがほぼ合致していた。これは作者のあとがきを読んで知ったのだが、これを

構想の根本において本作を書き上げたそうなのである。だから、すごく苦労したそうな。

霞さん、あなたの試みは少なくともぼくにはぴったんこカンカンでしたよ。ご苦労さまでした。

かのヒッチコックの「バルカン超特急」のように次々と畳み掛けるように事件が起こり、新たな展開が

生まれ、あれよあれよのうちにラストにたどり着いていた。

バカミスとまではいかないが、適度にバカ要素が入っていてよろしい。なんせ、列車を乗っ取った男た

ちの要求が駅構内でのキャンプファイヤーと花いちもんめなんだもの。こういうの普通考える?またそ

れが、物語の中では必然なんだから凄いではないか。

軽くて読み応えという点ではからっきし駄目だけど、息抜きに読むのにはもってこいのミステリだ。

しかし、これが2002年度の「このミス」第4位とは驚いてしまう。これもみなラストのあの思いも

よらないサプライズのせいなんだろうな。