読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

「マイ・ベスト・ミステリ10(海外編)」

本楽大学ミステリ学部において、しろねこ学校長から課題が出されたわけですが、その中に『マイ・ベス

ト・ミステリ』なるものがありましたね。おもしろそうではないですか^^。本読みの一員として、こう

いうマイ・ベスト企画ってのは大変魅力を感じます。

しかし、ぼくはいままでこういう通読に対してのベストってのをしたことがなかった。年間べストは何度

かやったことがあるんですが、いままで読んできた中でっていう大きな括りでのベストは個人的にも選出

したことがありませんでした。しかも、今回はこういうベスト企画にうってつけのミステリという大変魅

力あるジャンルでの選出というわけで、いつになく興奮しております^^。

というわけで今回は、いままで読んできた海外ミステリの中からのマイ・ベスト10を発表したいと思い

ます。

尚、今回の選出はミステリというカテゴリの中で本格という縛りにとらわれず、広義のミステリとしてお

もしろかった作品のベスト10ということで選んでみました。だから、不服、不満、色々な意見があろう

かと思われますが、大目にみてください^^。

では、さっそくいってみましょうか。


◆第10位◆ 「ファイナル・オペレーション」J・R・マキシム/ 白石 朗訳/新潮文庫

これはいわゆるジャンルミックスのおもしろさをこれでもか!とわからせてくれた作品ですね。ベースは

スパイ物なんですが、スパイ物の嫌いなぼくが読んでこれだけおもしろかったんだから、ミステリ好きの

方ならみんな楽しめる作品だと思います。どこへ行き着くのか見当もつかない物語展開に快哉を叫んでし

まいました。


◆第9位◆  「フロスト警部シリーズ」R・D・ウィングフィールド/ 芹澤 恵訳/創元推理文庫

正直、無駄に長い作品が多い中このシリーズだけはもっと長くしてくれと思ってしまいます^^。下品で

ドジで行き当たりばったり、でもそんなフロストがとても魅力的で、いつまでも彼と共にデントン市を駆

け回っていたい。加えてモジュラー型とよばれる複数の事件が同時進行で描かれる構成の巧みさには舌を

巻いてしまいます。もうそろそろシリーズ4作目が出されるんじゃないかと首がちぎれそうなほど長くし

て待っているんですが・・・。


◆第8位◆  「ウッドストック行き最終バス」コリン・デクスター/大庭 忠男訳/早川文庫

のちに開眼する頭から煙の出るような推理迷宮は、まだこの作品では堪能できません。しかし、その萌芽

が芽生えている本書にはオーソドックスな純粋推理の美しさが前面に押しだされていて、一読忘れがたい

ものにしています。天才肌のモース警部の思考過程は当時のぼくにはかなりのインパクトを与えてくれた

ものでした。


◆第7位◆  「警察署長」スチュアート ・ウッズ/真野明裕訳/早川文庫

ミステリというジャンルでは収まりきらない傑作小説。アメリカ南部の小都市を舞台に40年にもわたる

歴史を追体験するという偉業を成し遂げたウッズの出世作です。連続殺人がメインミステリとして描かれ

るのですが、それ以上に心に残るのが南部特有の人種差別。行き場のない怒りに身が震えます。どうぞ長

さに臆せず手にとってみて下さい。おもしろさは保証します。上下巻一気読みになること間違いないでし

ょう。


◆第6位◆  「星を継ぐもの」J・P・ホーガン/池 央耿訳/創元推理文庫

SFジャンルにもミステリとしてのおもしろさを兼ね備えた作品が数多くあります。そんな中で、数ある

本格ミステリに充分対抗しえるのが本作なのではないでしょうか。月面で発見された真紅の宇宙服を着た

死体。しかしその死体は5万年前に死亡していたらしい。いったいこの死体は何者なのか?どうして月面

で死んでいたのか?いったい彼はどこからやってきたのか?う~ん、これは今思い出しても興奮が蘇って

きます。本書を読んでいた数日は、脳のシナプスが何割か増えたんじゃないかってくらい興奮しましたね

^^。


というわけで、10位から6位の紹介がすみました。結構長くなったんで続きは明日にしようかと思いま

す。下位5作はオールタイムベスト級の作品ばかりでなく、ぼく個人の趣味が反映されたものとなりまし

たが、明日の上位5作は、やはり往年の名作、傑作がほとんどを占める結果となりそうです。でも、へそ

曲がりのぼくのことですから、案外意外な作品が出てくるかも知れません^^。それでは、続きはまた明

日の夜中に!