読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

小林恭二「悪への招待状 幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ」

イメージ 1

                イメージ 2

歌舞伎を通して江戸の風俗を味わう好読物である。

それも爛熟期の江戸ではなく、大きく変わろうとしている頽廃の香り高まる幕末の江戸である。

世は風雲急をつげ、世相は乱れ、庶民は日夜遊興に耽ることばかりを考えている。

今の日本では考えられない世界だ。

でも、とても魅力ある世界でもある。

そういう点で、江戸というのは特異な時代だ。その当時にしても上方(大阪、京都)とはまったく違った

世相だったのだ。

本書を読めばそういった事情が手にとるようにわかる。その上歌舞伎の傑作「三人吉三」の魅力ある世界

にもどっぷりと浸れる。この黙阿弥の手になる白浪物の傑作歌舞伎は、現在では序幕の「大川端」だけが

単独で上演されることが多いようだが、これは『こいつぁ春から縁起がいいわぇ』というお嬢吉三の名セ

リフがあるかららしい。この場だけをみれば、なんとも華々しい絢爛な話のように感じるが、「三人吉

三」はなかなか陰惨な話なのである。親殺しや、兄妹相姦なんて畜生にも劣るエピソードが横溢し、めぐ

り巡った因果が運命を左右するさまは、いっそ清々しいくらいである。因果応報という言葉がこれほど身

にしみる物語もめずらしい。また、それがこの「三人吉三」のおもしろさでもあるのだ。

とにかく本書はその魅力溢れる歌舞伎の世界を初心者にも余すところなく伝えており、読み出したらやめ

られないおもしろさだった。語り口も平易でわかりやすいし、これなら、中学生ぐらいの子でも充分読め

るだろうと思われる。未読の方は臆さず手にとって頂きたい。懸念するほどなく簡単にタイムスリップす

ること請け合いである。