読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

アントニイ・バークリー「レイトン・コートの謎」

イメージ 1

ロジャー・シェリンガムという特異な探偵は、本書と「第二の銃声」の二冊でお知り合いになったのだ

が、もうそれだけでこの探偵の魅力にどっぷりハマってしまった。

彼は風貌こそ違えども、そのスタンスはキートンチャップリンかと思うほどの喜劇役者である。

彼は名探偵にあらず、真の迷探偵なのだ。またそれがただのお笑いにとどまらず、その迷推理が紆余曲

折しているさまは多重解決の萌芽をふくんでいて、まさに芽を出そうとしている感じなのだ。

そこがいわば本書の旨み。この先、妄想の域に達するというこのシェリンガムの推理熱が非常に楽しみ

だ。ミステリとしては、本書のトリックは中の下ぐらいの感じだろうか。伏線も甘く、中盤で犯人の予

想はついてしまうし、メインの密室の謎自体わりと他愛ないトリックだと感じた。

しかし本書にはそれを補ってあまりある魅力がある。このシェリンガムという男は数ある探偵の中でも

目が離せない探偵ナンバーワンなのではないだろうか^^。

こうなってくると、やはり「毒入りチョコレート事件」への期待がいやが上にも高まってくる。

そう、ぼくはまだこの名作を読んでいないのだ。誰もが認めるこの傑作を読む日が楽しみだ。

おそらく、それは忘れられない読書経験となることだろう。