読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

アイラ・レヴィン「死の接吻」

イメージ 1

アイラ・レヴィンは、天才型の作家である。彼はミステリ、ホラー、サスペンスそれぞれのジャンルに

おいて傑作をこの世に残した。以前紹介した「ブラジルから来た少年」はサスペンス物の代表作だが、

彼はそこに新たな要素を盛り込み、後世に残る作品とした。

デビューから14年の沈黙を破って発表した「ローズマリーの赤ちゃん」では、一大オカルトブームを

巻き起こした。

そして今回紹介するのが、そんな彼のデビュー作であり、世の瞠目を集めた「死の接吻」なのである。

本書はミステリフリークの方なら、ほとんどの方が読まれていることと思う。過去のミステリランキン

グにおいても本書は常に上位にくるオールタイムベストの作品だ。

確かに本書には、24歳の青年が書いたとはにわかに信じがたい完成度がある。発表と同時に古典とな

ったといっても過言ではないだろう。

しかし物語としての構築美は完璧だが、ぼくは本書の犯人が好きじゃない。犯人に対して好きも嫌いも

ないと思うが、正直いって本書の犯人像には嫌悪感をおぼえる。それでも、認めてしまうのはやはり本

書がそれだけ完成された作品だからだろう。

まず、構成の妙だ。これはどこでも言及されていることだが、三部構成の第一部で主人公を彼と表記す

ることにより、犯人が誰なのかわからないという仕掛けを施している。犯人の名は中間部であっさり明

かされるのだが、この構成は秀逸だ。認めざるを得ない。何回も引用している「東西ミステリーベスト

100」では本書は17位だったが、そこでの〔うんちく〕で『要するに、寝ながら読んでいると途中

で思わず起き上がる本なのである』と紹介されているのが言いえて妙である。

犯人が明かされてからは彼を追いつめる展開になるのだが、ラストでは不覚にも鼻の奥がツーンとなっ

てしまった。おいおい、毛嫌いしていた犯人に同情したのか?と誤解されそうだがそうではない。

犯人は嫌悪したままだったが、他の部分で胸が熱くなってしまったのである。この悲痛なラストシーン

はいまだに忘れられない。古い作品だが、この感情は永遠のものだろうと思う。未読の方は、そのへん

を吟味されたい。既読の方は、どう感じたか感想を聞かせていただきたい。既読で忘れてしまった方は

もう一度読んで新たな感想を聞かせていただきたい。そう思う所存であります^^。