読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ティム・オブライエン「カチアートを追跡して」

イメージ 1

とにかく快哉を叫ばずにはいられない作品だ。

ファンタジーと現実が見事に融合して、素晴らしい世界を構築している。

ガープの世界」や「ウィンターズ・テイル」等と並び賞される本書は、現代アメリカ文学を代表する

一冊といえるだろう。

しかし、本書は読みにくさでもなかなかのものである。一貫した時系列で物事がすすめられるわけでは

ないので、章が変わるごとに頭の中で整理が必要になる。でも、これはほんのささいなことである。

アーヴィングは自由自在に時と場所を飛びかって、尚且つ破綻なく話を進めていく手腕に優れていたが

、本書ではそれが少しひっかかりとなっている。だが、連作としてまとめられているのでその部分が目

立ったのかもしれない。

とりもなおさず、本書は傑作である。カチアートを追跡する一行の喜劇と、ベトナム戦争を生の声で伝

えた悲劇がたくみにブレンドされた『おもしろかなしずむ』の世界だった。

ラストには、ちゃんとオチがついてる。これを肯定的にとらえるか否定的にとらえるかは人それぞれだ

ろうが、物語を丹念に追ってきた読者は肯定的に受けとることだろう。ぼくもそうだった。

いまでは手に入りにくいかもしれないが、どうか読んでみて欲しい。何かを与えてくれることだけは確

かである。