読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

夢枕獏「幻獣変化」

イメージ 1

夢枕 獏は、菊地秀行とならんでいまではまったく読まなくなってしまった作家なのだが、一時期エロ

ティックバイオレンスが流行ったときは、よく読んだ。

あの魔獣狩りシリーズも全部読んだし、サイコダイバーシリーズも読んだ。しかし、この人との出会い

は「ねこ弾きのオルオラネ」だったのだ。なんともやわらかいファンタジーで、少女漫画の世界のよう

だった。だから、最初この人のバイオレンス物を読んだとき、ほんとに同一人物なのかと思ったほどで

ある。

今回紹介する「幻獣変化」は、そんな彼の初期のころの作品。

魔獣狩り以降の獏作品はまったく読んでないのだが、それ以前の彼の作品の中ではこの本が一番好きで

ある。

この作品は、夢枕 獏の処女長編である。その後続きが書かれて、いまは「涅槃の王」シリーズとして

5巻ほどになっているみたいだが、本書はその第一巻の部分にあたる。

本書の主人公は若きシッダールタである。そう、後の仏陀だ。彼が10年に一度実を結ぶという不老長

寿の謎を秘めた「涅槃の果実」を求め、高さ七千メートル、幹の直径千五百メートルというヒマラヤ並

の巨木「雪冠樹」を目指し魔界ナ・オムを旅する。

たったそれだけの話だ。だが、これが無類におもしろかった。出てくる幻獣たちも類型を脱してオリジ

ナリティにあふれていたし、文章もその後に夢枕 獏の定番となったスカスカの改行文ではなかった。

その後のシリーズは読んでないし読む気もないのだが、とにかくこの「幻獣変化」だけはずっと記憶に

残り続けている。ファンタジーの傑作なのである。