読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ダニエル・ウォレス「ビッグフィッシュ」

イメージ 1

夢のいっぱい詰まった本だ。

トールテールの伝統を受け継ぎ、まるっきりのホラ話なのにそれが奇妙にしっくりくる。

死にゆく父と、それを見守る息子二人の関係は普通のそれとは違う。父はジョークとホラ話しか口にし

ない。それでいて誰からも愛されている。彼の語る話には夢がある。どことなくおかしくて、やさしく

て少し不気味なところもある。とにかく読んでいて楽しい。イエスのジョークなんか最高だった。思わ

ず誰かに話したくなってしまう。

読み終わって気づいたのだが、本書は短編の寄せ集めなのだ。それもとびきりおもしろい短編ばかりな

のだ。ほんとにいい数時間を過ごさせてもらった。