読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

アンソニー・ドーア「シェル・コレクター」

イメージ 1

八つの短編それぞれが味わい深い。

特に気に入ったのが、「世話係」と「ムコンド」。どちらもアフリカが重要な舞台となっているが、そ

れは関係ない。二つとも激しく魂をゆさぶられる話なのだ。

生きる意味や、荒ぶる気持ち、それと自然の素晴らしさが、おさえた筆致で語られる。

作者のドーアは、まだ年の若い新人だが、熟練作家の手になる完成度の高い作品を書くと、絶賛されて

いる作家である。

確かに巧みで、技量はずば抜けている。

自然の脅威と人間の衝動を、アメリカの良心で包んで温かく残酷に描かれた作品たちは、読む者の心を

捉え訴えかけてくる。

ドーア潜在的な詩人だ。だから彼の選ぶ言葉や描写は、的確でスマートなのだ。

中には、表題作や「ハンターの妻」のようなマジックリアリズム的な作品もあり、「七月四日」のよう

な大ボラ話もある。

「もつれた糸」のような鋭い小品もあれば、「たくさんのチャンス」のような、さわやかな話もある。

要するに、たいしたやつなのだ。このドーアって作家は。心底感服してしまった。