読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

イサベル・アジェンデ「神と野獣の都 」

イメージ 1

あのアジェンデを期待すると、ちょっと肩すかしくらっちゃうかもしれませんが、これはこれで充分楽し

める冒険譚に仕上がっています。いわゆる秘境物ですね。

アメリカ人である十五歳の少年が、エキセントリックな祖母に連れられアマゾンの奥地に『野獣』を求め

て探検にでる。

『野獣』とは何か?

『野獣』は本当にいるのか?

そして、探検隊の中で進行する不穏な動きの正体は?数々の謎をはらんでラストのどんでん返しまで物語

はスピーディに展開します。

ヤングアダルト向けということで本筋のみがぶっとく語られ、枝葉が少ないきらいはありますが、しかし

そこはアジェンデ、物語作家の本領発揮というわけで、気がつくと熱気をはらんだ密林のむせかえるよう

な息吹に包まれ、闇に恐れを抱いている自分に驚いてしまいます。

主人公のアレックスはこの冒険を通して、たよりない少年からたのもしい大人へと成長していきます。

アマゾンの自然の厳しさを克服して自分に打ち克ち、依頼心やあきらめや虚栄心をねじ伏せて男としての

誇りを自分のものにしていきます。本シリーズは三部作ということで、この先アレックスがどう活躍し、

どう成長していくのかが楽しみです。

というわけで、久しぶりのアジェンデ作品は従来の完成度には及びませんが、秘境冒険少年成長小説とし

ては充分楽しめました。