読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

オーガスティン・バロウズ「ハサミを持って突っ走る」

イメージ 1

この本が出た時、出版社もあまり知らないところだし、作者も知らないし、表紙はダンボール箱かぶった

少年だし、正直いってほとんどバクチのつもりで読んでみた。

これが当たった。とてもおもしろかった。

本書は小説ではなくて、回想録。

う~ん、とんだ回想録もあったもんだ。こりゃ、小説よりブッとんだ内容だ。

登場人物はみなアーヴィングの小説を地でいくような奇抜な人たちばかりだし、起こる事件の数々は映画

を観てるようにドラマティックだ。

愉快で、おもしろくて、でも切れ味鋭いナイフみたいに痛いところもあって、とにかく読ませる。

特に気に入ったのが、独創的な比喩の表現。まったく新しく、的を得た表現に思わず唸ってしまった。

笑いと、厳しさと、クールさ、そしてほのかな憧れを抱かせるこの本が愛しくてたまらない。

これは、オススメです。