読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

シオドア・スタージョン「コスミック・レイプ」

イメージ 1

スタージョンの長編には、愛すべき彼の短編群にみられるおもしろさや、ウェットな面がストレートに伝

わってこないという難点があるように思う。

「人間以上」にしても、本書にしても心に響く場面や設定はあるのだが、全体を均してみればちょっと弱

い。

アイディアもユーモアもあるのに印象が薄いのだ。

しかし、すべてを否定するつもりはない。

本書の主軸とは別に語られた数々の挿話はよかった。

その挿話に登場する世界各地の人々が、ラストのカタストロフィに集約されていくワケなのだが、その料

理の仕方についてもスタージョンの独壇場ともいうべき手際がみられてよかった。

スタージョンは、まさに驚くべき配置でこの登場人物たちを操るのである。ちょっと驚いてしまった。

だが、弱い。スタージョンだから許そうかって感じ。

本書もおそらく復刊されることはないだろう。そう思う。

となると、やはりサンリオSF文庫というのは、すごいシリーズだったんだなあと思うのである。

意欲的というか、無謀というか、いまでは考えられないラインナップではないか。