読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ルドヴィコ アリオスト「狂えるオルランド」

イメージ 1

サンリオSF文庫の「スタージョンは健在なり」が、ついこのあいだ東京創元文庫から「時間のかかる彫

刻」として復刊された。その中に「ここに、そしてイーゼルに」という作品が収録されているのだが、そ

のネタになったのが本書「狂えるオルランド」でである。

本書は定型詩の形をとっている。

こんなの読むことになるとは思ってもみなかった。

失楽園」や「神曲」なんか絶対読むことないだろうし、読めないだろう。そんなぼくでも本書は読め

た。それも、とても楽しく読了した。

剣と魔法、恋もあり、熱き友情あり、裏切りあり、誇り高き騎士がいて、唾棄すべき悪人がいて、気高き

淑女がいれば、邪なる悪女がいる。次々といろんな登場人物が出てきて、新たなエピソードに発展してい

くさまは、こちらの興をついではなさない。アリオストのこのあまりにもオーソドックスな手法が逆に新

鮮だった。山場にさしかかると、ひょいと他の場面に移ってしまう。でも、こちらの記憶が薄れないうち

にまた戻ってくる。この間合いが絶妙で、アリオストの巧みな筆さばきに翻弄されまくりだった。

ひとつ難をいえば、アリオストが仕えていたエステ家を賞賛して、その先祖にどういう人がいて、どんな

ことをしてっていう場面が延々続く箇所がいくつかあったことだ。正直そこは軽く読み飛ばしました。

ともあれ、カルヴィーノをして『偏愛する作家』と言わしめたアリオストの傑作を読み逃すてはないでし

ょう?