読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

沼 正三 「家畜人ヤプー」

イメージ 1

戦後最大の奇書といわれる本書は、いま読めば至極まともな話に感じられるかもしれません。

本書は基本SFです。

物語の冒頭は、こんな感じ。

ドイツに留学中の瀬部麟一郎と恋人クララの前に突如、奇妙な円盤艇が現れます。中から現れたのはポー

リーンと名乗る美しき白人女性。一郎とクララは、その円盤に乗り込み二千年後の未来への驚異に満ちた

冒険に旅立ちます。

この未来世界が、まさしく驚異の世界。未来社イースでは、男が家庭を守り女が仕事をするという女尊

男卑の世界。さらに、人種間の差別が極端に進化した世界でもあり、白人貴族・白人平民・黒人奴隷まで

が人間の扱いを受け、日本人の末裔はヤプーとよばれ生体手術を施され、生きた道具やペットの扱いをう

けており、はては食肉となって人間たちに食われる運命にあるんです。

ここらへん、作者沼正三氏の面目躍如たる部分でしょうね。マゾヒズムの極致を描いて崇高ですらある。

人間椅子、肉便器(セッチン)、畜人犬(ヤップ・ドッグ)、自慰用具の舌人形(カニリンガ)や唇人形(ペニ

リンガ)。ネーミングから、その用途まで執拗なまでに書き込まれた詳細には、正直クラクラしてしまい

ました。

物語は、連れ去られた二人が変貌していくさまを克明に描写していきます。クララはやがて麟一郎を

服従させます。麟一郎も、それを嬉々として受け入れてしまう。

やがて、話は日本の歴史の秘密にも迫り神話の解体にまで及ぶ始末。

壮大な、あまりにも壮大な物語は、いったいどういう結末をむかえるのか?

本書をただのSM文学と侮ってはいけません。

日本人には唾棄すべき書物だと退けてもいけない。

しっかり目を見開いて、その思想、哲学を受け入れなくてはいけません。

まあ、それ以前に嫌悪感を抱いたとしても、続けて読んでしまうおもしろさが本書にはあるんですけど

ね。