読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ダン・ファンテ「天使はポケットに何も持っていない」

イメージ 1

どうしょうもない飲んだくれで、アルコールがきれると、自虐的で目も当てられない暴走はとどまること

を知らない。

ほんと主人公のブルーノは、ろくでなしなんです。

でも、そんな彼をいつしか愛しく感じてる自分に気づいて驚きます。

妻にも見放され、家族にもあきれられ、反目しつつもやはり敬愛している父の死に直面し、彼は父の忘れ

形見のブルテリアと共にあてどない旅に出ます。

しかし、かっこ悪い。

臆面もなく人間をさらけ出すブルーノは、とてもかっこ悪い。自制がきかない分、素のままの欲望が表出

して彼はどんどん惨めになっていくんです。

でも、そこに嫌悪感はありません。どうしてだろう?読みながら考えました。そう!惨めで、自暴自棄

で、どうしょうもないろくでなしなんだけど、彼には芯の部分でやさしさがある。その気持ちに救われ

て、こちらとしては彼から目が離せなくなってしまうんです。ブルーノと老犬ロッコの関係は、そんな彼

人間性をうまく表しています。老いて、臭くて、他の犬を見るとノドブエに喰らいついて離れないくら

い凶暴で、クソを垂れ流すこのどうしょうもない犬を、彼はとても愛しげに扱います。ラストでの彼のロ

ッコに対する真摯な態度には、正直感動しました。