読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

スティーヴン・キング「不眠症」

イメージ 1

本書の設定で、まずおもしろいのが主人公が老人だということ。彼らのスローペースだが、ウィットを忘

れないささやかな日常が描かれていきます。老人が日々思う事柄、思うように動かない身体、各々のレベ

ルで維持される矜持。物語を追うにつれて、いつも通りのキングの執拗な書き込みにうれしくなってしま

います。

日常が変異に侵蝕され、次第に様相を変えていくさまはいつものとおりなのですが、本書の感触は他のキ

ング作品とは少し趣を異にしています。いったいどこが違うのか?

いままでのキングのホラー作品といえば物語の構造が、かなり明確で白黒がはっきり対比されていまし

た。しかし、本書は敵、味方、正義と悪の対比が曖昧にボカされています。

読者は、登場人物と同じように何が正しいのか?何が間違っているのか?ああでもない、こうでもないと

暗中模索しながら読み進めることになるんです。しかし、読了してわかることですが、本書は決して見切

り発車で書かれた作品ではありません。というより、キングのどの作品よりも考え抜かれて書かれた作品

なんじゃないかと思えるくらいです。様々な伏線が見事にラストで結実するところなど素晴らしいし、主

人公ラルフが体験する、別次元の描写など付焼刃ではとうてい太刀打ちできない緻密さで描かれていま

す。

本書の重要なキーワードは「偶然」と「意図」。言いかえれば運命と宿命。この、あまりにも扱いにくい

大きな命題を、キングは手をかえ品をかえアピールしていきます。

そして、エピローグ。大団円を迎えたのにも関わらず、キングはこのエピローグに多くの枚数を費やしま

す。ぼくは、このエピローグを読んで「タイムトラベラーズ・ワイフ」を読んだ時と同じ感動を得まし

た。残酷だけれど美しい。悲しいけど、ハッピーエンドなんです。

というわけで、本書はキングの入門書としては決してオススメできる作品ではありませんが、彼と長く接

してきた読者にとってはいい作品だったんじゃないかと思います。