読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

オードリー ニッフェネガー 「 タイムトラベラーズ・ワイフ 」

イメージ 1イメージ 2


残酷な話だと思います。これほど痛みをともなうタイムトラベル物は、初めてです。

ロバート・F・ヤングの短編に「リトル・ドッグゴーン」という短編があるんですが、あれを読んだ時に

感じた胸を衝く痛みと同じ感触です。ヤングの方はタイムトラベルじゃなくてテレポートを扱っていたん

ですけどね。

どうであれ、本書は良かった。作者ニッフェネガーの組み立てた巧みなプロットには、正直いって最初と

まどいました。主人公ヘンリーのタイムトラベルが起こる頻度、時期は非常にアトランダムで、法則性は

まったくありません。唯一限定されるのは、場所だけなんです。場所だけは、ヘンリーに由来する何処か

に特定される。そして、タイムトラベルするのは彼の肉体だけ。そう、彼は飛んだ先に全裸で現れること

になるんです。だから、彼がタイムトラベル後にまずしなければならないのは、衣服の確保なんです。そ

のことで後々彼は、とても辛い目にあうことになります。はっきりいって上巻は、壮大な伏線のようなも

の。しかし、とまどいながらも読者はあれよあれよという間にページを繰ってしまいます。いくつかのひ

っかかりを残してね。

そして下巻。ここへきて読者は知ることになります。ヘンリーとクレアの未来に待ち受ける避けられない

運命を。自分の運命を知る辛さとは、どんなものなんでしょう?ぼくなら、その重圧に耐えきれず気がふ

れてしまうかもしれない。愛する人を失う恐怖で気が変になってしまうかもしれない。

この話は全体的に明るい雰囲気で、ユーモアもあります。しかし、それゆえに厳しくて、残酷な側面が強

調され、読者の胸に迫ってくるのでしょう。

不思議と読後感はあたたかい気持ちになります。こっぱづかしいですが、『愛』のやさしさに包まれて心

が落ち着いていくんです。