読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ジョン・スタインベック「エデンの東」

イメージ 1イメージ 2

今回、新訳が出たということで、このジェームス・ディーン主演の映画で超有名な作品を読んでみたので

すが、久しぶりに小説を堪能しました。もう、淫したといってもいい。正直いって読む前は、これほど心

をとらえる本になるとは思っていませんでした。第一、このリーダビリティはどうでしょう。いったん読

みだすとページを繰る手が止まりませんでした。

人間が人間であるがゆえの様々な葛藤が、巧みに物語に織り込まれ根源的な善と悪の対比と呼応してシン

フォニックな重厚さをかもしだしています。人間は、常に問いかける生き物、自分を理解していない生き

物、障害を乗り越えてゆかねばならい生き物なんですね。いつもつまずいて、どこかに頭をぶつけ、これ

でいいのだろうかと自問自答する。賢明であればこそ、間違いもする。邪まな誘惑になびいてしまう。な

にが正しいなんて答えがないから、誰もが悩むのでしょう。

本書に登場する人物で真から賢人とよぶべき人物が二人いました。一人は中国人召使のリー。彼の存在

は、本書の中でまぶしいくらいに光り輝いています。ぼくも彼のようになりたい。彼の倫理を貫いた賢明

なアドバイスは、読んでいて何度大きく頷いたことか。事に対処する彼のやり方は、神々しくさえある。

ほんとに素晴らしい人物です。

もう一人は、アブラ。彼女は自分の中に獣を棲ませていながらも、それを飼いならし取り乱すことがあり

ません。一見クールですが、じつはとても熱いものをもっている。彼女の頭の良さには敬服しました。

忘れがたい登場人物は他にもいます。なんといっても魅力的なのが、サミュエルですよね。彼のバイタリ

ティには恐れいりました。死してなおこれほど人々の胸に去来する人がいるでしょうか。偉大な存在でし

たね。

あげていけばキリがありません。じつをいえば、本書にでてくる主要人物はすべて大好きなんです。あの

キャシーでさえもね。とにかく読んでよかった。心からそう思いました。