読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

読書の愉楽〈続〉

ミステリー関連から、色々手をのばしていったぼくは、とりあえず基本にもどらなくてはと気付きます。

世のミステリーの一般常識として、ミステリーの祖というべき存在はエドガー・アラン・ポーでしょう。

しかし、ぼくはこの人の作品あまり肌に合わない。はっきりいって好きじゃない。

というわけで、ミステリーの父ともいうべき存在のコナン・ドイルのホームズ作品を全巻制覇することに

したのでした。
イメージ 1
これは、おもしろかった。古臭い19世紀の雰囲気も好きだし、ホームズの病的なキャラクターも良かっ

たし、謎が不可解なのも大きな魅力でした。短編主流なんで話の緩急がほどよくつけられて読みやすいの

も良かった。

で、長編もまじえて難なくホームズ物は全部制覇しました。ぼくが好きなのは、短編集では「シャーロッ

ク・ホームズの復活」、長編では「四つの署名」かな。
イメージ 2

ホ-ムズの後に目が向いたのはエラリー・クイーン

「Yの悲劇」は読んでいたので、そのままレーン四部作に進んでもよかったのですが、国名シリーズがあ

ったので、そちらをほどよく制覇。国名シリーズの中でピカ一なのは、なんといっても「エジプト十字架

の秘密」じゃないでしょうか。
イメージ 3

最大長編といわれる「ギリシャ棺の秘密」もなかなか読ませますが、やはり国名シリーズの中で一番興奮

したのは「エジプト~」ですね。唯一、犯人の正体を知って声を上げてしまったのがこの作品でした。

長々と書いてしまいました。今宵はこのへんで。では、また次の機会に。