読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

続きをば。

イメージ 1

「東西ミステリーベスト100」を読むと、国内はもちろん海外の主要ミステリー作品に精通することになります。

これが、ワクワクするほどおもしろい。

まだ見ぬ作品に思いをはせ、次に何を読もうかと毎日ウキウキでした。

では、ここで海外作品のベスト10を紹介したいと思います。

1  Yの悲劇
 エラリー・クイーン

2  幻の女
 ウィリアム・アイリッシュ

3  長いお別れ
 レイモンド・チャンドラー

4  そして誰もいなくなった
 アガサ・クリスティー

5  鷲は舞い降りた
 ジャック・ヒギンズ

6  深夜プラス1
 ギャビン・ライアル

7  樽
 クロフツ

8 アクロイド殺し
 アガサ・クリスティー

9 僧正殺人事件
 ヴァン・ダイン

10 シャーロック・ホームズの冒険
 コナン・ドイル

いま、新たにベストを選出したら、また違った結果になるだろうとは思われますが、このベスト10は順

位の変動こそあれ、顔ぶれはおそらく変わらないだろうと思われます。

一応、5位の「鷲は舞い降りた」以外はすべて読んだのですが、やはりミステリ通が選出したミステリ

小説の王道だけあって、どれもこれもすこぶるおもしろい。

特に「Yの悲劇」は、ロジックの鬼ともいうべきクイーンの手になるだけあって、伏線のはり方から謎の

解明過程にいたるまで、間然するところがない。

ミステイクが傷として意識されないほど楽しめました。


というわけで、今回はこれまで。続きはまた次の機会に。