読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

とりあえず。

ぼくの読書歴を紹介しておきましょう。

小学校までは、読書なんてマンガしか読んでませんでした。

転機が訪れたのは、中学三年の冬休み。

何気なく寄った本屋の平積み台に、山田風太郎の「伊賀忍法帖」が置いてありました。

当時、丁度その本が映画化されてたんです。本の表紙には炎に包まれる真田広之と渡辺典子の映画スチー

ル。まったく小説に興味のなかったぼくは、その表紙だけに惹かれて本を手にとりました。

そして、表紙をめくってカバーそでの本文紹介を読んだぼくは、その場に凍りついてしまったんです。

中三といえば、多感な時期。性への関心も人一倍。そんな時に、ぼくの眼に飛び込んできた紹介文はあま

りにも刺激的でした。

一気に鼻息荒くなったぼくは、迷わずその本をレジにもっていったのでした。

そう、ぼくの読書初体験はエロ目的だったんです(笑)。

なんて不純な動機でしょう。モチベーション低すぎ。

しかし、しかしです。この山田風太郎只者じゃあなかった。その時の読書体験はまさに至福の体験でし

た。確かにエロ目的で読みはじめたんですが、のっけからそんなこと忘れさせるくらいにおもしろかっ

た。そう、鼻面をつかまれて引っ張りまわされたって感じでしょうか。読了した時には半分放心状態にな

っていました。

こんな世界があったのか。こんなにおもしろくて、寝食忘れさせるような世界があったのか。

読書の愉楽にどっぷりハマった瞬間でした。

それからは、まだまだ本屋の書棚にたくさん並んでいた角川文庫の山田作品(あのピンクっぽい背表紙)

を軒並み読破。小説の神様の神技に酔いしれました。

さて、今日はこのくらいにしておきましょうか。

続きはまた次の機会に。