読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2014-04-21から1日間の記事一覧

皆川博子「影を買う店」

幻想小説を書く皆川博子には狂気が宿っている。そう思うしかないほどの奇想にときたまめんくらって しまう。たとえば、「陽はまた昇る」の出だしの二行。 ≪『ホテル』が、今、沈みつつある。 そうわたしに教えたのは〈風〉だった。≫ また、たとえば「柘榴」…