読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2012-08-27から1日間の記事一覧

池井戸潤「空飛ぶタイヤ」

記憶は風化する。それが自分の体験でなければなおさらだ。必ずそこにあったはずの事実はボヤけて曖 昧な心象の中に埋もれてゆく。確かにぼくは本書がモデルにした事故を知っていた。本書が刊行された2 006年当時、ああ、あの事故のことを描いているのか…