読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2011-05-19から1日間の記事一覧

西村賢太「どうで死ぬ身の一踊り」

西村賢太の師事する作家藤澤淸造は、大正時代の一時を流れ星のように駆け抜けた薄幸の人だった。性病 から精神異常をきたし、警察の拘留や内縁の妻への暴行をくり返しあげくの果てに失踪、最終的には公園 のベンチで凍死するというなんともお粗末な末路だっ…