読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2009-10-13から1日間の記事一覧

角田光代「八日目の蝉」

愛人の生まれたばかりの子どもをさらって、逃亡する女。このシチュエーションだけを抜き出せば、同情 すべきは子どもをさらわれた方の親である。だが、本書を読むうちに読み手の心には逃亡する女とさらわ れた子が二人で幸せに生きてゆければいいなと願う気…