読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2008-12-25から1日間の記事一覧

皆川博子「愛と髑髏と」

またまた皆川短編集である。やはりこの人は短編において素晴らしく鮮烈な作品を数多く書いていて、本 書に収録されている八編においてもそれは言を俟たないのである。 収録作は以下のとおり。 「風」 「悦楽園」 「猫の夜」 「人それぞれに噴火獣」 「舟唄」…