読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2008-06-11から1日間の記事一覧

荒巻義雄「神聖代」

これはなんとも形容しがたい物語だ。いってみれば、大いなる空想のもと自由闊達に描かれたお遍路の話 とでもいおうか。解説では筒井康隆が『巡礼』と形容しているが、まさにそのとおり。でも、ぼく的には 西国八十八箇所巡りしているお遍路さんの姿が妙にだ…