読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2005-12-10から1日間の記事一覧

三島由紀夫「仮面の告白」

自分の事を包み隠さず、すべてさらけだして自伝を書くなんてこと、まず出来ないと思いました。 自分を美化することはいくらでもできますが、真の自分をさらけ出すなんて事どんなに勇気を出しても、 出来そうにありません。 それは、人前で裸になることよりも…

E・L・カニグズバーグ「ジョコンダ夫人の肖像」

本書の中には、生きて、苦悩して、プレッシャーに打ち克とうとする生身のレオナルドがいます。 レオナルド・ダ・ヴィンチは様々な本で描かれていますが、本書のレオナルドはその中でも、飛びぬけて 精彩を放っています。 そして、こちらが主人公なのですが、…

アルベール・サンチョス・ピニョル「冷たい肌」

あまりにフッ切れた内容なんでびっくりしますね。 本来なら、扶桑社ミステリーなんかで刊行されててもおかしくないジャンル小説だと思います。でもやっ ぱり、ただのホラー物で括ってしまうにはためらわせる何かがある。本書を読んでる間、奇妙な感覚にと ら…